詰沢脇市 う そ 日 記

presented by ハナクソflowershitレコード

7/19高松BARラフハウス「遠藤ミチロウ」

ソロ


何かがかわれ(何度目かのversion)
墓場
此処より遥か北東の…
彼のかわりはわたし(汚い世の中が~のversion)

ミニガット。


やったやったこんなん。
一曲目からヘビー「何か…」
ちょっと歌詞多いかな?
これは…何のうたになってうきよるのだろうか?
「何か」ってなんだろうなw。
「此処より…」はやるたびに構成が違うけれど、感じは変わっていない。
「彼の…」は最近のversion

もすこしスペシャルな選曲にしたかったけどな…こんなんかな…
勿論の事ほとんどはメインのファンの皆様なので、こちらもそれなりに緊張感を持ってやらせていただきました。
そういう意味でいつもと同じような構成でやったのは力も抜けて(僕が)よかったかもな。

みなさま聴いてくださり
ありがとうございました


メインの遠藤ミチロウさん
良かったです。
~あの言葉、あのうたの突き刺さる力は全く古びていないと感じました。なんでだろうか?…これが
言葉が生きているということなのだろうか。
いつも思うけどアコースティックだとそれがとてもよく判ります

僕はまだまだ雰囲気でごまかしてるかもな。~勿論、雰囲気は音楽の重要なファクターではあるのだけれど。
言葉だけ、うただけ、うたうだけ
で全部成り立ってしまうみたいな、
なんかー全然レベルが違うんかなぁ…

良い旅をお祈りしております


ありがとうラフハウス~
PA・Sくんありがとう~

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する